本業にバレることはない

12/20/2016 @ 4:11 PM

風俗業界で働こうと考えている人のなかには、マイナンバー制度によって風俗で働いていることがバレてしまうのではないかと思っている人もいるでしょう。国民一人一人に番号が割り振られることで、給与や税金の申告が細かく管理されることになります。そのため、風俗で働くことに対してマイナスイメージを持っている人もいます。風俗で副業を考えている人向けに、マイナンバーの仕組みを紹介します。

デリヘルは風俗の仕事のなかでも一般的な職業ですが、マイナンバー制度によって本業にバレることはほとんどありません。通常の会社では、年末調整をするためにマイナンバーを申告しているでしょう。そのため、デリヘルの仕事でもお店にマイナンバーは申告するものと思っている人もいるようです。しかし、デリヘルの仕事では所得税が取られることはありません。

これは、風俗店と女性の間に雇用契約がないためです。デリヘルのような風俗店では、働く女性は個人事業主扱いになります。つまり、お店側から業務を委託され、得たサービス料などをお店と分けているという認識です。そのため、源泉徴収は行われず、マイナンバーが必要になることもないのです。もしも、安心してデリヘルの副業をしたいと考えている人は、求人の際にお店に源泉徴収をしているか聞いているみることをおすすめします。