風俗求人で源泉徴収の有無を確認

12/12/2016 @ 2:13 PM

風俗求人を探している人のなかには、副業を考えている人も多いです。特にデリヘルは、勤務時間が短いながら高収入が期待できることから、会社勤めのOLさんにも人気の職業です。しかし、副業を考えている人のなかには、マイナンバーの影響を恐れて風俗求人への応募をためらっている人がいるようです。

マイナンバー制度は国民に固有の番号を割り振ることで、社会保険や年金、税金などをまとめて管理しようとするものです。この制度が導入されるときに、会社に内緒で副業をしている人はマイナンバーによって副業ができなくなるという情報が流れたため、その認識を持っている人もいます。しかし、風俗求人に限っていえば、マイナンバー制度によって会社に副業がバレることはありません。これには、お店と勤務している女性の関係が関係しており、雇用関係が発生していないため、確定申告を行う必要がなくマイナンバーの申告が求められません。つまり、会社の収入と風俗で得た収入が紐づくことはないのです。

もちろん、お店とそこで働いている女性が雇用関係にある場合には、マイナンバーの提出や確定申告が必要になるのですが、工夫することで会社にバレないようにすることは可能です。このサイトでは、デリヘルとして風俗で副業を安全に行うために必要なマイナンバーに関する知識を紹介します。デリヘル嬢の雇用体系や市民税の納付方法などを詳しく紹介しているので、安全な副業に役立ててください。