市民税には注意が必要

デリヘルとして働くお店で源泉徴収が行われていなければ、本業の会社などにバレることはありません。しかし、店舗のなかには、備品代を補てんする目的で女性から源泉徴収をしているようなお店もあります。また、お店との間に雇用契約がある場合にはマイナンバーを伝えなければなりません。この場合には、マイナンバーによって普段本業で稼いでいる収入とデリヘル嬢として稼いでいるお金が紐づいてしまいます。しかし、確定申告などをしっかりと行えば会社にバレることはありません。

源泉徴収をしていなくてもデリヘルの副業で年間20万円以上稼いでいる人は確定申告を行う必要があるのですが、この確定申告を行うと市民税が発生します。この市民税は翌年課税されるのですが、給料から天引きしている場合には本業に通知がいきます。この市民税の額が高いと副業をしていることがバレてしまうのです。

しかし、この通知を会社にいかないようにする方法があります。確定申告時に市民税の支払い方法を普通徴収にすれば、自宅に市民税の納付書が届くため会社にデリヘルで働いていることはバレません。支払い方法の変更も、確定申告時に書類にチェックを入れるだけなので簡単にできます。また、会社に通知が届いても、そこには納付額しか書かれていません。副業をしていることはバレてしまいますが、その職種までは分からないので安心しても良いでしょう。

本業にバレることはない

風俗業界で働こうと考えている人のなかには、マイナンバー制度によって風俗で働いていることがバレてしまうのではないかと思っている人もいるでしょう。国民一人一人に番号が割り振られることで、給与や税金の申告が細かく管理されることになります。そのため、風俗で働くことに対してマイナスイメージを持っている人もいます。風俗で副業を考えている人向けに、マイナンバーの仕組みを紹介します。

デリヘルは風俗の仕事のなかでも一般的な職業ですが、マイナンバー制度によって本業にバレることはほとんどありません。通常の会社では、年末調整をするためにマイナンバーを申告しているでしょう。そのため、デリヘルの仕事でもお店にマイナンバーは申告するものと思っている人もいるようです。しかし、デリヘルの仕事では所得税が取られることはありません。

これは、風俗店と女性の間に雇用契約がないためです。デリヘルのような風俗店では、働く女性は個人事業主扱いになります。つまり、お店側から業務を委託され、得たサービス料などをお店と分けているという認識です。そのため、源泉徴収は行われず、マイナンバーが必要になることもないのです。もしも、安心してデリヘルの副業をしたいと考えている人は、求人の際にお店に源泉徴収をしているか聞いているみることをおすすめします。

風俗求人で源泉徴収の有無を確認

風俗求人を探している人のなかには、副業を考えている人も多いです。特にデリヘルは、勤務時間が短いながら高収入が期待できることから、会社勤めのOLさんにも人気の職業です。しかし、副業を考えている人のなかには、マイナンバーの影響を恐れて風俗求人への応募をためらっている人がいるようです。

マイナンバー制度は国民に固有の番号を割り振ることで、社会保険や年金、税金などをまとめて管理しようとするものです。この制度が導入されるときに、会社に内緒で副業をしている人はマイナンバーによって副業ができなくなるという情報が流れたため、その認識を持っている人もいます。しかし、風俗求人に限っていえば、マイナンバー制度によって会社に副業がバレることはありません。これには、お店と勤務している女性の関係が関係しており、雇用関係が発生していないため、確定申告を行う必要がなくマイナンバーの申告が求められません。つまり、会社の収入と風俗で得た収入が紐づくことはないのです。

もちろん、お店とそこで働いている女性が雇用関係にある場合には、マイナンバーの提出や確定申告が必要になるのですが、工夫することで会社にバレないようにすることは可能です。このサイトでは、デリヘルとして風俗で副業を安全に行うために必要なマイナンバーに関する知識を紹介します。デリヘル嬢の雇用体系や市民税の納付方法などを詳しく紹介しているので、安全な副業に役立ててください。